東京工業大学 工系3学院工学院、物質理工学院、環境・社会理工学院

工系3学院交流プログラム

内容

本プログラムにはC1からC5の5つのカテゴリーがあり、審査により選抜された学生には留学(派遣)経費の一部が支援される。 C1,C2のカテゴリーに含まれる大学とは原則授業料不徴収協定があり、本プログラムで選出された学生は、派遣大学での授業料は免除される。 支援対象となる研究は以下の通り。
① 海外大学等の指導教員の下での研究
② 学生自身の研究の幅を広げるための研究
  ※東工大との共同研究は対象外
  ※学位論文研究等の一部を実施するための研究は対象外
  ※講義の単位取得のみを主目的とする留学は対象外

募 集

C2・C3・C4カテゴリーの募集は年3回(審査は1月、6月、10月頃)行われる。募集のお知らせは当ホームページに掲載されると共に各系・コース長へ通知される。 C1の募集は1月審査時のみ、またC5は実施プログラムが発生した都度による。

応募資格

派遣時に工系に所属する修士課程1年生以上
なお、工系や大学で実施している国際交流事業やそれに関連する講義等に積極的に参加している学生は選考において考慮するので、申請書にその状況を記載すること。また、前年度の成績評価係数(GPA)は、2.30以上であること

語学条件

TOEFL(iBT) 70点、TOEIC 650点相当以上。
ただしこれ以下の場合でも、現地語ができるなど特別な理由がある場合には、その旨を記した理由書(様式任意)を添えて申請すること。なお、C5は基準が異なる場合がある。

派遣費用

審査の結果により往復渡航費(実費)並びに、または奨学金を支給する。
※研究機材・施設利用料や登録料が発生しても、別途支給することはない。
※VISA取得費用は自己負担とする。
※国費留学生には、往復渡航費(実費または現物)のみ支給する。
※他の奨学金との併給も可能であるが、支給額は調整される。申請用紙に必ずその旨記載すること。

注意事項

1. C2:AOTULEの大学の中には、留学開始の約3か月前までにオンライン登録を課す大学もあるため、留学開始日は余裕をもって設定すること。
2. 留学期間が本学の授業期間・試験期間と重なっている場合、応募には慎重を期すこと。工学系国際連携室およびその関連委員会は、学生が受講している授業の担当教員との調整には一切関わらない。そのような調整は学生が自分の責任で行うこと。

応募手順と審査

①募集要項に従って、工学系国際連携室宛てに申請する。

②募集は年3回(審査は1月、6月、10月頃)行われる。募集のお知らせは当ホームページに掲載されると共に各系・コース長へ連絡される。なお、C1:SERPは1月のみ応募可能である。

③工系国際交流委員会委員による書面および面接で採択の可否を決定する。なお、応募者数が多い場合には、一次選考を書類審査にて行う。

④面接は英語で行う。約5分で簡単な自己紹介と留学の意義や計画について説明する。その後、約5分間は関連する事項について質疑応答する。

⑤面接の際、資料等の配布・回覧は差し支えないが、プロジェクターを用いるプレゼンテーションはできない。

⑥面接試験であることから、原稿を読むような発表は慎むこと。

採択および留学(派遣)に関する手続き

①採択の連絡
採択可否の連絡は本人および指導教員宛に行われる。採択された場合には以下の手続きをすみやかに行うこと。

②留学期間の決定と教員会議の承認
受入先教員等と相談のうえ、できるだけ早く留学期間を決定する。決定後、所属の教員会議にて留学の承認を得る。(③の要件から、おおよそ留学月の前々月末までに承認を得る必要がある。ただし、9月出発の場合は、6月末まで) なお、C2:AOTULEの大学の中には、留学開始の約3か月前までにオンライン登録を課す大学もあるため、留学開始日は余裕をもって設定すること。

③ 『留学願』等提出
教務課(大岡山)または学務課教務グループ(すずかけ台)にて所定の手続きを行う。なお、この提出もおおよそ留学月の前々月末までに提出する必要がある(ただし9月出発の場合は、6月末まで)。特にC2:AOTULEの場合には、採択から留学開始までの期間が短いので注意が必要である。

④基金振込の請求
『留学願』等の提出後、直ちに、別紙様式の『工学系学生国際交流基金請求書』と『銀行口座等振込依頼書』を、③の『留学願』のコピーと共に工系国際連携室に提出する。なお、留学期間が変更になった場合は工系国際連携室と教務課(大岡山)または学務課教務グループ(すずかけ台)へ至急連絡すること。基金は申請の期間を考慮して決定しており、短縮の場合には減額することがある。

⑤JASSO等その他の奨学金
本プログラムに採択された学生は、JASSO(日本学生支援機構)など種々の奨学金の対象者となる場合がある。その際、本基金からの支給額は調整される。

⑥『国際研究研修』等の履修
本プログラムに採択された学生は、原則として、『国際研究研修』等、指定された科目の履修が必要となる。

⑦留学準備
宿舎や航空券の手配は各自で行うこと。特に宿舎については受入先と連絡を取って大学の寮などを紹介してもらうとよい。また、ビザが必要な場合があるので、受入先と連絡を取り、必要書類を調べ、各自で対処すること。なお、ビザの取得に必要な『費用負担証明書』等の発行は工系国際連携室へ依頼すること。

⑧留学終了前
帰国前には必要に応じ、受入教員より成績証明書や評価書を受領すること。なおC1:SERPでは、覚書により評価書(様式任意)の提出が決められている。

⑨『留学終了報告書』提出
留学が終了したら学務部教務課へ『留学終了報告書』を提出する。また、受講した講義の単位認定の手続きは各自で行うこと。

⑩『工系学生国際交流基金報告書』・評価書等提出
教務課(大岡山)または学務課教務グループ(すずかけ台)への『留学終了報告書』とは別に以下の書類を工系国際連携室に提出する。締切は帰国後1ヶ月とする。
(1)別紙様式の『工系学生国際交流基金報告書』(電子ファイルおよび紙媒体)
(2)出入国確認のための書類(パスポートの出国・入国スタンプのコピーまたは搭乗券半券のコピー)
(3)受入教員の評価書( C1: SERPは必須、他プログラムは必要な場合のみ)
なお、『工系学生国際交流基金報告書』は氏名・所属とともに当ホームページに掲載する。

⑪工系国際連携委員会からの依頼事項
申請者および採択者は工系や大学が実施する国際交流事業に積極的に参加することを強く奨励する。また、以下の依頼を受けた採択者は、特段の理由のない限り対応すること。
・工系国際連携委員会への留学の報告、クロニクルへの滞在記の執筆、この派遣事業に関係する行事への参加など。

参考

【外務省HP】渡航関連情報 web
その他の留学制度は、「留学案内 web」をご覧ください。

プログラム5種

C1: Summer Exchange Research Program (SERP)

派遣人数:各校2名程度(前年度の成績評価係数GPAが2.30以上であること)
授業料 :免除
派遣期間:6月~9月のうち2~3か月程度(時期・期間は受入研究室の定めるところとする) ※2か月以上を推奨
派遣対象(大学/学部)

ケンブリッジ大学
University of Cambridge
Department of Chemistry
Department of Engineering
オックスフォード大学
University of Oxford
*Department of Chemistry
*Department of Engineering Science  
Department of Materials
*インペリアル・カレッジ・ロンドン
Imperial College London
Faculty of Engineering
ウォーリック大学
University of Warwick
School of Engineering
サウサンプトン大学
University of Southampton
(学部指定なし)
エコール・ポリテクニーク
École Polytechnique
(学部指定なし)
パリ第6大学
Pierre et Marie Curie University
(学部指定なし)
マドリッド工科大学
Universidad Politecnica de Madrid
(学部指定なし)
*アーヘン工科大学
RWTH Aachen University
Faculty of Mathematics, Computer Science and Natural Sciences
Faculty of Civil Engineering
Faculty of Mechanical Engineering
Faculty of Georesources and Materials Engineering
Faculty of Electrical Engineering and Information Technology
ウィスコンシン大学マディソン校
University of Wisconsin - Madison
College of Engineering
カリフォルニア大学サンタバーバラ校
UC Santa Barbara
Engineering
ペンシルベニア州立大学
The Pennsylvania State University
College of Engineering
College of Earth and Mineral Sciences

注意事項
1.応募前に、必ず末尾記載の国際交流コーディネーターへ連絡し、指示を受けること。
2.*印の大学・学部については応募までに受入先との交渉が始められており、先方の受入許可を得ていること。この事前交渉については,必ず予めコーディネーターに連絡・相談し,交渉方法についての指示を受けた後,開始すること。
3.*印以外の大学・学部については、コーディネーターより指示があるまで先方の教員と受入の交渉はしないこと。
4.受入先大学の都合で希望の研究室に配属されない場合がある。
過去5年間の実績
☆派遣先大学(順不同)
オックスフォード大学、ケンブリッジ大学、インペリアル・カレッジ・ロンドン、サウサンプトン大学、ウォーリック大学(英) アーヘン工科大学(独)、パリ第6大学(仏)、マドリッド工科大学(スペイン) ウィスコンシン大学マディソン校、ミネソタ大学、カリフォルニア大学バークレー校(米)

C2 : AOTULE Student Exchange Program (AOTULE)

派遣人数:各校2名程度(前年度の成績評価係数GPAが2.30以上であること)
授業料 :免除
派遣期間:通年2~3か月程度(時期・期間は受け入れ研究室の定めるところとする) ※2か月以上を推奨
派遣大学:
AOTULE(Asia-Oceania Top University League on Engineering)に属する大学(メルボルン大学、清華大学、国立台湾大学、香港科学技術大学、バンドン工科大学、KAIST、マラヤ大学、インド工科大学マドラス校、ハノイ工科大学、南洋理工大学、チュラロンコン大学)の各工学系(研究科)
注意事項:
1.派遣大学の中には、留学開始の約3か月前までにオンライン登録を課す大学もあるため、留学開始日は余裕をもって設定すること。
2.応募前に、必ず末尾記載の国際交流コーディネーターへ連絡し、指示を受けること。指示の前に先方の教員と受入の交渉はしないこと。なお、受入先大学の都合で希望の研究室に配属されない場合がある。

C3 : その他の部局間交流協定や大学間交流協定を結んでいる大学との交流

派遣大学:
C3-a C1,C2以外の大学で、工系3学院と(旧)専攻間・部局間交流協定を結んでいる大学
C3-b C1,C2以外の大学で、東工大と大学間交流協定を結んでいる大学
注意事項
申請用紙には受入を希望する研究室や専攻等の記載が必要である。応募時に受入先との交渉が始められており、先方の受入許可を得ていることが望ましい。
C3-bにおいて、全学の派遣交換留学制度による授業料不徴収協定校への留学を希望する場合には、原則として国際部留学生交流課で実施している派遣交換留学へ応募し、本プログラム申請時に採択されている必要がある。やむを得ない理由によりこれに応募できない場合および不採択の場合には、必ずコーディネーターへ連絡し、指示を受けると共に申請書類に理由書(様式任意)を添えること。なお、C3-bで全学の派遣交換留学制度に採択されていない場合、授業料不徴収は適用されない。
過去5年間の実績
☆派遣先大学(順不同)
ワシントン大学、カリフォルニア大学バークレー校(米国)、ブリティッシュ・コロンビア大学(カナダ)、スイス連邦工科大学チューリッヒ校、スウェーデン王立工科大学、ミュンヘン工科大学(ドイツ)、デルフト工科大学(オランダ)、中東工科大学(トルコ)、ソウル国立大学(韓国)

C4 : その他工系が特に必要と認めた大学・機関等との交流

派遣大学:C1~C3以外で、工系が特に必要と認めた大学・機関等への留学(派遣)
注意事項
申請用紙には、受入を希望する研究室や専攻等を記載すると共に、その大学へ留学する必要性を説明した理由書(様式任意)を添えること。
これに加えて、系・コース長または指導教員が作成したその大学・機関と今後、組織的な学生・学術交流の発展が期待できる旨が記載された理由書(様式任意)も添えること。なお、申請時に受入先との交渉が始められており、先方の受入許可を得ていることが望ましい。

C5 : 工系が時限で行う交流プログラム

国内外の財団等から時限のついた支援を受けて実施する工系の国際交流プログラムによる大学・機関等への留学(派遣)。該当するプログラムがある場合は、最新情報に掲載する。

お問い合わせ および書類提出先

<問合せ先>
工系国際連携室
内線: 3969 Email: ko.intl@jim.titech.ac.jp
居室: 本館2階50号室

↑ PAGE TOP